びくとりさん、狩猟をする

主に一人または少人数で狩猟や射撃をしています。

今期3回目の大物忍び猟

雪が舞い、視界が白っぽい。

風が吹き、木々が揺れガサガサ音をたて、時折パキンと鳴る。

 

正直、天候としては良くはないけど、僕は独り言ちた。

「あぁ、やっぱり山は良い」

 

 

ということで、(雪なし県では珍しく)本降りの雪と風の中での大物猟です。

雪なのはむしろ雰囲気がいいし、獲物の痕跡も良く見えるから歓迎だけど、風が強いせいで電子イヤマフがガサガサ音ばかりで

もはや耳当て状態。今日は視覚に重点を置くような形かな。

 

雄シカに走られ、群れに逃げられ、それでも猟場を歩き回ります。

谷あいに岩がごろごろと転がる場所を歩いていると、右上方でシカの走る音が!!

重い足音だから雄シカだろうか?チャンスがあるかもしれない、と見るが、姿は見えず。

そんな時、ふと目線を落とすと岩の影の木立の隙間に雌シカの顔が!!

目が合った!!

 

その瞬間、折って保持していたモデル33に、腰のX-holderから1発のREDBIRD ターゲットロードを抜き、装填・閉鎖・コッキング。

電源を入れていたドットサイトの緑点を、こちらに気づいて走り出したシカの前側を狙う。

バックストップ良し!!共猟者との位置良し!!

ダコーーーン!!

 

・・・まぁ、外しましたけどね!!www

 

いやぁ・・・、やっぱり大物猟はこの緊張感や張り詰めた感じと、発見後のアドレナリンがドバっと出る感じはたまりませんね!!

 

その後は飛び立つヤマドリを見送ったり、カモシカとにらめっこしてから、もう一度先ほどの猟場へ。

 

一番奥まで歩いて獲物が見つからなかったので、引き返しますが、過去に何度も帰り道で遭遇しているので、最大限の索敵モードです。

すると、下の斜面を覗き込んだ時、黒い塊が走り出します!!

・・・!!始めて見た!! イノシシだ!!

すかさず装填、コッキング!!

ダコーーーン!!

 

はい、また外しました。

 

イノシシはやっぱり速いなぁ、チャンスは5秒もなかったかもしれない。

でも、初めて見た!!寝屋の上を歩いていたようだし、次の出猟の時にはよく確認しよう。

 

一日で、2回のチャンスと2回の発砲。

当たらなくてもある程度の満足感はありました。

 

次こそ仕留めるぞ!!

オナガガモの胸肉で作った鴨ハムが美味かった

先日の出猟で獲ったオナガガモ♂。一般的にはマガモカルガモは味が良く、コガモは味はいいけど小さいから人気ではない。みたいな感じで、オナガガモはあまり耳にしません。

そういえば、オナガガモもまぁ美味しいと聞いたこともあるような・・・。

 

ということで、しっかりめに味を付けた調理で食べてみようと思い、鴨ハムを作ってみようと思います。

 

まずは肉の重量の1%で塩と砂糖をすり込んでいきます。今回のオナガガモ♂からは167gの胸肉が取れましたのでそれぞれ1.6gですが、塩の代わりにクレイジーソルトを使うので、この場合クレイジーソルトは約3gです。(クレイジーソルト100g中53gが塩みたいなので)

本当は分子量の関係で砂糖だけを染み込ませてから塩味なのですが、ちょっと横着して砂糖とクレイジーソルトを混ぜ合わせて肉に刷り込みます。両面とも丁寧に。

これを密封袋に空気を抜いて入れて、良く揉み込んで冷蔵庫へ。

時々更に揉み込んでから上下を逆にしたりしておきます。

 

丸1日漬け込んだら低温調理します。

温度、時間は「中心温度が63℃30分と同等以上」の加熱ができるように設定しましょう。

温度によって仕上がりの色や柔らかさが変わるので温度はお好みで。

(僕は67℃にしました)

 


f:id:traum_flugel:20210126173929j:image

 

これがまた美味いんだ!!

鴨の香りはしっかりあるのに低温調理のおかげでレバー臭さやパサパサ感はなし。

しっとり柔らかで鴨の良い香り!!

塩味は1%だと優しい感じで、おつまみにするならもう少し濃いめでも良いのかな?この辺もお好みで調整ですね。

 

雨の日の鳥撃ちはチャンスがたくさん

今シーズンとしてはもしかしたら初めてだったかもしれませんが、雨の中での鳥撃ちです。(とはいっても、基本的には共猟者の家内に撃たせ、自分はアテンドに徹します)

 

天気が悪いと理由はわかりませんが、ターゲットとなる鳥がよくあらわれる気がします。(スズメやヒヨドリはあまり見ない気もしますが)

猛禽類があまり飛んでいないから採餌しやすいのか、紫外線が弱いから見え方が違うのか・・・?(鳥は紫外線領域まで見えているというみたいだし)

とにかく、「雨が降っているから鳥撃ち止めよう」というのはとてももったいないと思います。

 

新規猟場を開拓しつつ、獲物を探します。

川を上流に遡りながら田んぼの脇を流していきます。

 

途中で67m先のキジバトにヘッドショットをお見舞いして幸先よく坊主を逃れましたが、民家の軒先のキジを見送り、ボサの陰にいるキジを工事現場の方の目の前で撃つのを見送って、一旦帰宅。午後から再出撃です。

 

いつものように田んぼの脇を流していくと、見慣れない光景が!!

なんと、鴨が刈り取った後の田んぼに大量に降りています!!

夜に田んぼに上がって餌を摂っていると聞いたことがありますが、昼間にはほとんど見たことがありません。

ですが、またとないチャンスですし、約80m先のオナガガモをボディショットで仕留め、ダッシュで回収に向かいます。

飛べないもののある程度逃げ回るので、何とか翼を踏みつけて捕まえました。

 

初めてのオナガガモゲットです!!(家内が)

 

そして、午前中にキジが逃げ込んだボサを見てみると、隣の畑にキジが出て採餌していました。

これもボディショットで仕留め(家内が)、またまたダッシュで踏みつけて回収。

踏みつけたまま頭に止め矢を撃ちます。

 

こうして、一日でキジバトオナガガモ、キジと3羽をゲットできました!!

僕としてはこんなに大量に獲れたことがないため、やっぱり雨の効果はものすごいですね!!

 

Weihrauch HW77K 4.5mmについて思う

今年度から僕の相棒となったWeihrauch HW77Kの4.5mm。

 


f:id:traum_flugel:20210110185526j:image

 

ドイツ製のスプリング式エアライフルです。

(僕には珍しい!!)

 

使っている中で感じたデメリットを書き連ねてみようと思います。

「これは良いぞ!!」ばかりだと嘘っぽくみえますしね。

 

1.重い

スプリング式の強烈なリコイルでもぶれにくくするためであろうと思いますが、とにかく重い。スコープも何も載せない状態で4.0kg。

流し猟なら気になりませんが、長い時間背負うのはキツいですね。


f:id:traum_flugel:20210111191419j:image

スコープ込みだと4.8kg!!

 

2.二の矢を撃つまでに時間がかかる

マルチポンプ式よりはマシですが、コッキング→装填に時間がかかります。

装填するところも元折れ式ではないため狭いのでもたつくことも。

 

3.委託射撃でばらつく

普通、ゼロインしようとすると委託射撃ですよね。

こいつはレストに載せたときに「フワッ」と置いたときと「グッ」と押し付けたときでまるで着弾が変わります。なので、置き方が一定しないとばらついてしまい、ゼロインも難儀します。

僕も最初のゼロインの時、3発撃ってほぼワンホールでニヤニヤして4発目撃ったら数センチずれて???ってなりました。


f:id:traum_flugel:20210111191605j:image

右下の丸で囲ったやつの右下みたいに飛ぶことも

 

4.委託射撃と手で持ったときでは着弾がずれる

10mの委託でばらつきながらもゼロインできたと思って座射で試すと2センチ近くドロップ。なんで!?と思いながら数発撃つと全て同じ傾向。

仕方ないので座射ゼロインし直し(高さ方向のみ合わせた)たところ、イメージと着弾が合うように。

やっぱりリコイルのせいなんでしょうかね。

 

5.弱い

僕のHW77Kが4.5mmということがあると思いますが、銃口でのパワーが13ft-lbですのでたかが知れてます。

これが5.5mmだと弾速も落ちるのでドロップ量の計算が大変になるのは目に見えてます。

この威力で4.5mmですから、ヘッドショットかネックじゃないとカモやキジは厳しいでしょう。

ただ、4.5mmだから弾速はそこそこなので、弾道ではPCPに引けをとらないかも?

 

普通に猟果がほしいと狩猟をするならば、間違いなくPCPです。レギュレータ付きなら残圧と着弾の関係を考慮せずに撃てますしなお良いでしょう。

一癖も二癖もある銃なので、万人に受け入れられる代物ではありません。安いからという理由で買うのはオススメできないですね。

 

 

ついにスナイパーになった日

2020年の最後の出猟では同じ場所にいたヒヨドリをはずしまくり、ゼロインが上手くいってない疑惑を抱えたまま終猟。

 

新年早々に10mレンジでゼロインし直して(このときのことは後々書こうかな)、最初の一発目でコガモをネックショットで仕留めて手応えはバッチリ。

 

そんな状況で今日の出猟です。

今シーズン一番の冷え込みかな?用水路もかなり凍り、細かい凍りかけの粒がキラキラと流れるところでコガモを4羽発見し、撃っては外して逃げられ、逃げた先で撃っては外して逃げられを繰り返して遊んでもらった後、キジを探して川へ移動します。

 

いつもの川に到着し、索敵開始。

前にこの川でタシギらしき鳥が飛び立つのを見かけ、次の出猟でタシギを確認でき、家内が撃って外しています。

もちろん、今回もタシギを探しつつ、ススキの隙間から覗くカルガモやキジも探します。

ゆっくりゆっくりと車を走らせながら目を皿のようにして探していると、白い丸みを帯びた形が。

 

それを良く見ると枯れ草模様も見えます。

双眼鏡で念入りに確認。

大きさ、模様から判断してタシギです!!

周囲を確認しているのか、首を伸ばしています。

 

今回は助手席側にいるので、降りるときに気づかれにくい僕が撃つことにしました。

車を盾にしてなるべく見えないようにして回り込み、撃てる場所に移動。

ススキを目隠しにしてコッキングと装填。

銃を構え、左手の握りを確認・・・良し。

距離は約30mで無風。1MILアップで照準。

危険を察知したのか、首を縮めていますが、まだ同じ場所にいます。

水平器を左目で確認・・・良し。

安全装置解除、最終照準、ヘッド狙いだ・・・!!

 

バィン!!

 

だいぶ慣れてきたリコイルとともに愛銃ヴァイラウフから吐き出された4.5mmのFXプレミアムは、狙いからわずかにそれたものの、ボディに着弾。

 

パァン!!という着弾音を聞きながら姿を確認するとバタバタともがいています。

飛ばれたり転がって流れに乗ってしまったら不味い・・・。

二の矢をかけようかと思いましたが、そのまま事切れたようです。

双眼鏡で確認しても動きなし。

 

よっしゃあ!!仕留めた!!

でも、回収までが狩猟!!

 

ダッシュで対岸まで回り、枯れススキに突っ込み、長靴ギリギリの深さの川に浸かりながらタシギの元に駆けつけます。

 

着弾したそのままの場所にいてくれたので無事回収。

 

ついに、ついに「スナイパー」達成!!

 

本当は、タシギは飛んだときに速いしジグザグに飛ぶし小さいので、それを仕留められるほど射撃が上手い、ということから「スナイパー」(タシギの英名はSnipe)なのですが、エアライフル猟の場合は「発見する目」ですかね?

 

とにかく、飛ばれる前に視認し、射撃し、獲ることができました。

 

狩猟を始めてしばらくしても、一向にタシギは見つけられず、僕の地域にはタシギはいないものだと思い込んでいました。

(図書館で調べても目撃情報には昭和の頃ばかり)

でも、昨年家内が獲ったし、チャンスを信じて探した甲斐がありました。

小鳥サイズですが、発見がとても難しい鳥を獲れたということはものすごく自信に繋がりますね!!

 

 

 

 

2羽目のキジ

今年はなんだかキジを見かける機会が多くありませんか?

過去3年ぐらいは、猟期中にエアライフルで狙えるような場所でキジを見つけることがほとんどできなかったのですが、今年は撃てるどころか獲れるほど見かけるんですよね。

 

ということで、今回もキジメインで出猟です。

一応川を覗きながら、見つけたコガモを脅かして(外して)からキジの付き場をめぐります。

 

先日キジを仕留めた所の近くのボサを確認しながらプラプラと車を走らせていると、いました。

耕した田んぼをせっせとつついているキジです。

 

今回は家内だけで撃つことにしました。

1発目を撃つと、キジが尾羽を上げてビクビク震えながらムーンウォークを始めました!!

!?!?!?なんだそれ!?どんな動きだよ!!

すぐにその不思議な動きを止め、首をすくめて様子を伺っているところに次弾を撃ち込む。

一瞬おいてからボサの方にテテテテ~っと走って行きました。

・・・ダメだったか・・・。

 

と、思ったらボサギリギリの所でポテッと倒れました。

???

少し時間をおいてから近づいてみると目を閉じてます。

 

おぉ!!仕留めてる!!

なんと、我が家に2羽目のキジですよ!!

 

今回は皮ごと剥いで速攻で処理を終わらせましたが、右の翼の付け根に着弾し、首の血管を破壊しながら左の鎖骨付近から抜けていました。

最初のムーンウォークはこの時の反応だったわけですね。

 

胸腔内に血が固まっていたので、時間経過とダッシュしたことで失血したのでしょう。

 

さて、このキジはラーメンにして食べることにしよう!!

念願のエアライフルでのキジを射獲できました

少し時間が空いてしまいました。

というのも、家のリフォーム工事の立ち合いやら、会社の予定やらで出猟する機会が少なかったり、出猟しても全く結果が得られなかったので更新が滞っていました。

 

そんな中、獲れなくても焦らないように(とは思ってもやっぱり焦る)しながら出猟できるタイミングではちょこちょこと出ていました。

さすがに4年目になったからなのか、獲物を見つける距離も伸び、速度も正確性もだいぶ良くなり、エアライフルでキジを狙えるようになってきたところで、今日の出猟です。

 

前回の出猟では、キジに発砲するも、なかなか当たらないため猟果を焦り、痛恨の半矢。いくら威力がビクトリーよりも上がったとはいえ、キジをボディショットで仕留めるのはかなり難しい。やはり、初心に戻って「4.5mmだからこそヘッドショット狙い」に戻します。

 

バンを外し、キジバトに逃げられ、それでもチャンスを求めて走り続けたところ、田んぼの畔の所にオスキジが2羽いて、餌をついばんでいるところを発見。

キジの警戒心もそれほど高くなく、家内とともに出猟していましたので、射獲率を上げるために2人で同時射撃での捕獲を決断。

 

自分は左の個体、家内は右の個体に狙いを定めます。

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・」

バィン!!

どちらも外すが、まだ逃げずにそこにいます。

 

再度コッキングして装填。(ビクトリーよりも再射撃までの準備は速い)

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・!!」

バィン!!

左の個体は驚いて飛んで逃げましたが、右の個体はまだそこにいてくれました。

 

再々度の装填。

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・!!」

バィン!!

バサバサッ・・・!!

当たった!!

 

キジは死んだふりをすると聞いていましたが、脚や羽をでたらめにバタバタさせているその姿を見て、頭に入ったことを確信し、銃をしまってダッシュで回収に向かいます。

近づいて羽を踏みつけ押さえつけながら捕獲!!

・・・やった!!ついにキジをエアライフルで仕留めた!!

そして、持ち帰るときに頭から出血しているのを確認。

初めて仕留めたキジは、ばっちりヘッドショットでした!!

 

後程確認してみると、自分が撃った弾が目の後ろ1cmの位置を左右に貫通しており、これが致命傷。

その直後に家内が撃った弾が尻から喉元にかけて着弾。

お互いに3発目は当ててました。

 

一度帰って、昼食後にもう一度出撃し、今度は家内が二番穂を狙って下りてきたキジバトをボディショットで仕留めて、お互いに猟果を上げられた一日となり、大満足な一日となりました。

 

ヴァイラウフは4.5mmなのと、PCPに比べて威力が落ちるのでヘッド狙いじゃないと、と思い再度ヘッドショット狙いにしたからこそ、今日の猟果を上げることができました。今後も鳩より大きい獲物はAll or Nothing のヘッド狙いで頑張ります!!