びくとりさん、狩猟をする

主に一人または少人数で狩猟や射撃をしています。

念願のエアライフルでのキジを射獲できました

少し時間が空いてしまいました。

というのも、家のリフォーム工事の立ち合いやら、会社の予定やらで出猟する機会が少なかったり、出猟しても全く結果が得られなかったので更新が滞っていました。

 

そんな中、獲れなくても焦らないように(とは思ってもやっぱり焦る)しながら出猟できるタイミングではちょこちょこと出ていました。

さすがに4年目になったからなのか、獲物を見つける距離も伸び、速度も正確性もだいぶ良くなり、エアライフルでキジを狙えるようになってきたところで、今日の出猟です。

 

前回の出猟では、キジに発砲するも、なかなか当たらないため猟果を焦り、痛恨の半矢。いくら威力がビクトリーよりも上がったとはいえ、キジをボディショットで仕留めるのはかなり難しい。やはり、初心に戻って「4.5mmだからこそヘッドショット狙い」に戻します。

 

バンを外し、キジバトに逃げられ、それでもチャンスを求めて走り続けたところ、田んぼの畔の所にオスキジが2羽いて、餌をついばんでいるところを発見。

キジの警戒心もそれほど高くなく、家内とともに出猟していましたので、射獲率を上げるために2人で同時射撃での捕獲を決断。

 

自分は左の個体、家内は右の個体に狙いを定めます。

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・」

バィン!!

どちらも外すが、まだ逃げずにそこにいます。

 

再度コッキングして装填。(ビクトリーよりも再射撃までの準備は速い)

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・!!」

バィン!!

左の個体は驚いて飛んで逃げましたが、右の個体はまだそこにいてくれました。

 

再々度の装填。

「5・・・4・・・3・・・2・・・1・・・!!」

バィン!!

バサバサッ・・・!!

当たった!!

 

キジは死んだふりをすると聞いていましたが、脚や羽をでたらめにバタバタさせているその姿を見て、頭に入ったことを確信し、銃をしまってダッシュで回収に向かいます。

近づいて羽を踏みつけ押さえつけながら捕獲!!

・・・やった!!ついにキジをエアライフルで仕留めた!!

そして、持ち帰るときに頭から出血しているのを確認。

初めて仕留めたキジは、ばっちりヘッドショットでした!!

 

後程確認してみると、自分が撃った弾が目の後ろ1cmの位置を左右に貫通しており、これが致命傷。

その直後に家内が撃った弾が尻から喉元にかけて着弾。

お互いに3発目は当ててました。

 

一度帰って、昼食後にもう一度出撃し、今度は家内が二番穂を狙って下りてきたキジバトをボディショットで仕留めて、お互いに猟果を上げられた一日となり、大満足な一日となりました。

 

ヴァイラウフは4.5mmなのと、PCPに比べて威力が落ちるのでヘッド狙いじゃないと、と思い再度ヘッドショット狙いにしたからこそ、今日の猟果を上げることができました。今後も鳩より大きい獲物はAll or Nothing のヘッド狙いで頑張ります!!