びくとりさん、狩猟をする

主に一人または少人数で狩猟や射撃をしています。

今期3回目の大物忍び猟

雪が舞い、視界が白っぽい。

風が吹き、木々が揺れガサガサ音をたて、時折パキンと鳴る。

 

正直、天候としては良くはないけど、僕は独り言ちた。

「あぁ、やっぱり山は良い」

 

 

ということで、(雪なし県では珍しく)本降りの雪と風の中での大物猟です。

雪なのはむしろ雰囲気がいいし、獲物の痕跡も良く見えるから歓迎だけど、風が強いせいで電子イヤマフがガサガサ音ばかりで

もはや耳当て状態。今日は視覚に重点を置くような形かな。

 

雄シカに走られ、群れに逃げられ、それでも猟場を歩き回ります。

谷あいに岩がごろごろと転がる場所を歩いていると、右上方でシカの走る音が!!

重い足音だから雄シカだろうか?チャンスがあるかもしれない、と見るが、姿は見えず。

そんな時、ふと目線を落とすと岩の影の木立の隙間に雌シカの顔が!!

目が合った!!

 

その瞬間、折って保持していたモデル33に、腰のX-holderから1発のREDBIRD ターゲットロードを抜き、装填・閉鎖・コッキング。

電源を入れていたドットサイトの緑点を、こちらに気づいて走り出したシカの前側を狙う。

バックストップ良し!!共猟者との位置良し!!

ダコーーーン!!

 

・・・まぁ、外しましたけどね!!www

 

いやぁ・・・、やっぱり大物猟はこの緊張感や張り詰めた感じと、発見後のアドレナリンがドバっと出る感じはたまりませんね!!

 

その後は飛び立つヤマドリを見送ったり、カモシカとにらめっこしてから、もう一度先ほどの猟場へ。

 

一番奥まで歩いて獲物が見つからなかったので、引き返しますが、過去に何度も帰り道で遭遇しているので、最大限の索敵モードです。

すると、下の斜面を覗き込んだ時、黒い塊が走り出します!!

・・・!!始めて見た!! イノシシだ!!

すかさず装填、コッキング!!

ダコーーーン!!

 

はい、また外しました。

 

イノシシはやっぱり速いなぁ、チャンスは5秒もなかったかもしれない。

でも、初めて見た!!寝屋の上を歩いていたようだし、次の出猟の時にはよく確認しよう。

 

一日で、2回のチャンスと2回の発砲。

当たらなくてもある程度の満足感はありました。

 

次こそ仕留めるぞ!!